オーハシテクニカは、「開発提案型企業」として、さまざまな産業、地域、社会で事業活動を展開しています。そのため、自動車市場、情報・通信市場をはじめとした多くの得意先、協力企業、得意先の先に存在する消費者、社会といった幅広いステークホルダーと価値観を共有しながら連携・協力していくことが不可欠です。その基盤となるのが「社会から信頼・共感される企業行動」です。

 

これを世界中で活動するグループ社員一人ひとりが実践していくため、2005年3月に「企業行動憲章」、を制定し、ステークホルダーとオーハシテクニカのあるべき姿を明確に位置づけました。以来、CSR(企業の社会的責任:Corporate Social Responsibility)を経営の中核に据え、事業活動を通じた、持続可能な社会の実現への貢献に取り組んでいます。

環境方針

環境理念

  1. 地球環境に配慮した企業経営
  2. 環境保全と製品品質のリンク
  3. 全社員のモラルアップと地球環境改善意識の向上

環境基本方針

  1. 省資源・省エネルギーの推進、廃棄物の削減、リサイクルの推進、供給企業先からの「グリーン調達」拡大化により、地球環境保全の向上に努めます。
  2. 環境管理体制を整備し、継続的改善と汚染の予防に努めます。
  3. 環境法規制及び利害関係者との同意事項を遵守します。
  4. 活動の推進に当っては、環境目的・目標を設定し進めます。また、定期的に見直しを実施いたします。

本方針を実施し、維持すると共にこれを当社で働く又は、当社のために働く人(派遣社員等)に周知徹底を図り、社外に対し積極的に開示します。