平素は当社の事業経営に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

 このたびの新型コロナウイルス感染症により亡くなられた全ての方々に謹んでお悔み申し上げますとともに、罹患された方々の一日も早いご回復をお祈りいたします。また、各地における感染の早期終息を心よりお祈りいたします。

 

 当期の世界経済は、米中貿易摩擦の長期化による両国の経済減速と英国のEU離脱問題、欧州における景気の低迷などにより、全体として成長率は鈍化しました。また、わが国経済も世界経済の減速を背景に低成長が継続しました。

 さらに本年1月以降は新型コロナウイルス感染症が拡大し、世界各国における外出規制、生産活動の停止や物流の停滞、個人消費の低迷が経済活動に深刻な影響を及ぼしており、厳しい状況が現在も続いています。

 当社グループの事業分野であります自動車業界におきましては、国内外において一部の完成車メーカーを除き販売減となり、全体の生産台数は減少しました。

 このような状況下、当社グループでは積極的な事業展開により業績の拡大に取り組んでまいりましたが、連結売上高は、国内では当社の主要得意先である商用車メーカーのアジア市場での需要減による減産や特定部品の生産終了、海外では米州、欧州での日系自動車メーカーの販売減による減産と為替換算の影響により、前年比減収となりました。また、連結営業利益においても、各地域における売上減少及び米州における鉄鋼関税引上げを含む原材料費の上昇や中国及び英国での現地通貨安による仕入コスト上昇の影響もあり、前年を下回る業績となりました。

 今後の世界経済は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴い、国内外の景気の悪化による自動車販売台数の減少が見込まれ、当社グループを取り巻く経営環境は更に厳しさを増すものと予想されます。

 当社グループは、引続きグローバルサプライヤーとして、「ファクトリー&ファブレス」機能を最大限に活用し、事業基盤の強化と企業価値の向上に努めてまいります。

 株主の皆様におかれましては、今後ともより一層のご指導とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

2020年6月
株式会社オーハシテクニカ
代表取締役社長 柴崎 衛